投資はFXだけじゃない?
ヘッジファンドに注目!

ヘッジファンド

ヘッジファンドとは、FX投資家必見!ソーシャルレンディングのすすめでおなじみ、資産の運用などに利用をされる投資手法の一つでありハイローオーストラリアの初心者におすすめです。あらゆる金融市場に精通した専門家が、投資を行いたい資産家などから資金を集め、その代わりに投資を行うものになります。

例えば、わたしたちは日常の中において積立保険などを利用したり、銀行に預金を預けたりしていますが、その際に金利という形で積み立てたり預けていたお金が増える事があります。
お金を積み立てる、預けるなどをしているだけでそれが増えていくのかというと、保険会社や銀行は、わたしたちが預けたお金を利用し、それをほかの投資に回して増やしたり、ほかの企業や個人などに貸すことによって、そこから利益を得ているからになります。

つまり、わたしたちは保険会社や銀行などに資産を運用させ、その保険会社や銀行がわたしたちの代わりに投資を行っているという事になるのです。

これと似たような形でより投資利益の還元を目指したものが、投資信託と呼ばれる金融商品などになり、これはわたしたちが投資をする名目で証券会社などに資金を預け、証券会社がこれを運用し、積立保険や銀行の利子などよりもより大きな利益をもたらすものになります。


資産運用に興味がある方はこちら外為オンラインで稼ぐのもおすすめです。
ヘッジファンドも基本的な顧客とヘッジファンド側と利益の流れ形は、これと全く一緒になりますが、その対象がより個人的な狭い範囲になり、預かる資金の大きさも大きくなり、また経済市場がたとえ悪化したとしても必ず顧客である資産家などに利益をもたらすことを狙っているという部分が大きく異なります。

このためにヘッジファンドでは、投資取引のあらゆる手段を用いて確実に利益を得ることを主として活動を行っており、そうした意味では投資信託とは全く異なるような投資結果を求められるために、その投資の性質も異なっています。

投資信託では、経済市場や相場市場の上昇や下降によって、その利益の大きさも変わったり、場合によっては顧客に対しては、その市場の流れに対してプラスして何パーセントぐらいかという利益の還元を行っています。

しかし、ヘッジファンドではさらに強い利益還元を出すことを目指していて、こうした市場の流れとは全く関係長く、相場が良好であっても、どんなに悪くなっても必ず利益を出すことを課せられているのです。

このように投資信託では市場に対する相対的な利益還元、相対リターンねらった代替投資になるのですが、ヘッジファンドにおいては、投資した金額に対してどれだけ利益が増えたのかという形での絶対的な利益還、つまり絶対的リターンによる代替投資が求められることになっているのです。