投資はFXだけじゃない?
ヘッジファンドに注目!

ヘッドハンティング

ヘッジファンドにおいては、投資取引などを行って確実な利益を求めていくという事をその業務の根幹としているために、それを行う人材には経済や金融に対しての高い知識と専門的な技術、分析力などが求められることになり、そうした能力を持った人間を育成してい事は、時間も労力もコストも大変にかかることになります。

こうしたことから、ヘッジファンドを行っている企業などは、ヘッドハンティングによってそうした人材を集める事があります。

ヘッドハンティングとは、人材紹介会社の行う人材の獲得やあっせんに用いられるサービスの事になります。
依頼主である企業から、欲しい人材の詳細を受けた人材派遣会社は、それに見合う人材をほかの企業などから探し出し、スカウトしていくという形式で行われる、いわゆるサーチ型の人材紹介サービスになります。

分かりやすく言えば、芸能人や商業スポーツ、相撲などのスカウトと同じようなもので、ヘッドハンティングから声がかかるという事は、相手側の企業にとってほしい人材であると、第三者である人材派遣会社が認めるという事になります。

ヘッジファンドでは、様々な面において高い能力が求められるために、こうした人材を育てるよりも、人材派遣会社に料金を払ってでも、ヘッドハンティングを行って人材を確保するほうが、多くの場合において有利になるのです。

では、ヘッドハンティングから声がかかるようなヘッジファンドの社員とは、どのような能力を持った人たちになるでしょうか。
ヘッジファンドによって引き抜かれる人材の多くは、金融関係に明るい仕事についていることが多く、また、そのほとんどがすでにヘッジファンドで働いていたり、投資信託を行っている企業、投資顧問の会社、信託銀行や生命保険会社などで投資運用の業務に長くついていることが求められるものになるでしょう。

こうした会社の中でも、資産を運用することを主に取り仕切る運用部か、もしくはその運用部が計画などを取り仕切っていくための情報などを集めて精査していく調査部などに所属していれば、ヘッドハンティングから声がかかる可能性は大きくなります。

もちろん、投資信託を行っている企業などにおいては、そのほかにもさまざまな部署や業務内容があるため、そうした部署であっても声がかかることがあるかもしれませんが、ヘッジファンドが求める人材は、おおよそ即戦力になるような人材を求めているために、やはり資産運用に関しての直接的な業務を行っている人が紹介されることがほとんどのようです。